ニャンとなくホビー

猫と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・エジンバラ前半  

今日からスコットランドの旅がはじまります。

直子先生、今日一日同行されるMさん、同室のKさん、お話がつきませんでした。気遣いで、いつも楽しいYさん。永遠の少女Aさん。テキパキと誘導してくださったSさん。お菓子大好きAちゃんア~ンド私、でエジンバラを駆け巡ります。

まずはスコテッシュブレックファーストをしっかり食べます。
ハギス(茹でたヒツジの内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング
ブラッドプディング血液の腸詰め豚の血に、角切りにして茹でた豚の脂身、小麦粉、オートミール、ニンニクなどが材料で、肉は使わないのがイギリスの伝統的な作り方である。) 以上ウィキペディア参照  そして・・・
ソーセージ(肉肉しく柔らかい)、を外してオーダーしました。

それがこれです。


しっかり食べ今日一日はエジンバラを制覇??します。
まずは高い所に見えるエジンバラ城です。2度目の訪問となります

2010_0612_182533-P1030497.jpg

緩やかな坂道を登っていきます。途中寄り道を何度もし、本当に到着するのか心配になります

2010_0612_180206-P1030485.jpg 2010_0612_181153-P1030487(1).jpg
タータンチェックのお店、かわいかった

どこかでバグパイプの音色が~~♪あ~~スコットランドだわぁ~~

2010_0612_181433-P1030489.jpg
皆さん写真タイムとなりました
決して遠くないエジンバラ城の道のりなぜかまだまだなのです・・・

やっと敷地内に、その時目ざとく発見!!大型バスから、ぞくぞくとおりてきました。
動いている、、本物です


知らんふりして、パチリ・・・フフフフ・・
2010_0612_182853-P1030501.jpg 2010_0612_182744-P1030500.jpg

エジンバラのイケメンが全員集合したような、ズーと見ていたい・・・
2010_0612_182702-P1030499.jpg

お城への入場門に左右両側に衛兵さんが立っています。向かって右側の衛兵さんとパチリ(お仕事のじゃましちゃいけませんね。)

2010_0612_183107-P1030503.jpg 2010_0612_183214-P1030504.jpg

寄り道を繰り返しましたが、いよいよお城のなかに入ります。

2010_0612_183342-P1030508.jpg

直子先生とK様が私たちのチケットを買いに並んでくれました。私たちはおとなしく?待っておりました
思いっきり日を浴びて(暑いはずです、) 
2010_0612_192054-P1030513.jpg DSC00072.jpg
こちらのチケット、明日の観光のチケットも含んでます。さすが先生、

中に入ると大砲が城を守ってます
2010_0612_190440-P1030511.jpg 2010_0612_190422-P1030510.jpg
左の写真の銃砲 ワン・オクロック・ガンと呼ばれ、日曜を除く毎日およそ13時に発砲されるとのことです。あとで、私たちも見ることができました

お城からの風景です。夜こちらに行く予定です
2010_0612_190513-P1030512.jpg 2010_0612_194427-P1030518.jpg

海が近いので、カモメさんも遊びに来ていました。朝、カモメの声で目が覚め、外を見ると、な・なんとカモメがごみあさりしてるんです。カラスではないんですよカモメが・・・・


あら、幻ですか???
2010_0612_192637-P1030514.jpg DSC00063(1)2.jpg
右側の写真ポストカードです。
スクーンの石 (Stone of Scone)。代々のスコットランド王が、この石の上で戴冠式をあげました。運命の石とも言われてます。1296年にエドワード1世によってイングランドに奪い去られ、木製の戴冠いすにはめ込まれウェストミンスター寺院に置かれていました。代々のイングランド王の戴冠式に用いられたようです。
トニー・ブレア政権によりスクーンの石は700年ぶりにスコットランドに返還された。現在は、エディンバラ城に保管されています。直接見ることができ感動です。撮影禁止のためポストカード購入しました。
アフタヌーンティーには、欠かせないスコーンの名前の由来とも言われてます。
スコーンの形は石のようですよね。名前の由来から神聖なものとしてナイフは使わず、手で横半分にわって食べるのがマナーだとお勉強しました。一部ウィキペディアから・・
詳しいことはこちら


一休みしてると、近くにいたガイドさんかな?声をかけてくれて、今日は女王様の84歳のお祝いセレモニーがこれからありますよって教えてくれました。まぁ~~なんて親切な、ラッキーなこと見ることができました。

セレモニーの場所にロイヤルファミリー、ゆかりの人や、エジンバラの有名著名人の方々がお集まりでした

2010_0612_200433-P1030524.jpg

伝統の衣装に身をまとった音楽隊、ところどころで、演奏を・・
マーチ
先ほど、お城の前にいた方々だったのですよ。と思いきやタータンチェックが違うことに発見!!違う人達?わかりません(ーー゛)


時間とともに先ほどの鉄砲が順番に発砲されました。
2010_0612_201324-P1030533.jpg

煙が私たちのところまで、においます。
こんなすてきな場面や運命の石にも出会えるなんて幸せです。

どのくらいお城にいたんでしょうか、お茶が飲みたくなりました。予約してあるランチを早めにとることにし、ハリーポッターゆかりのあの場所へと向かいました・・・

続きます。・・・・・・

[ 2010/06/22 14:41 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)
  こんばんは。
そして、無事お帰りなさい。

スコットランドの旅をご一緒させていただいた鈴木です。
旅行中は色々をお世話になり、ありがとうございました。
楽しい時間を共に過ごせて、すごく嬉しかったですよ。
こうやってブログを拝見させていただくと、その中に自分もいたんだぁと、改めて感動します!
その後ギリシャでのニャンコツアーも楽しまれたことでしょうね。> 私、まだまだ旅の様子をアップで きないでいますが、徐々にしていきたいと思います。(せっかくですものね。)
私のブログは、ほぼパンばかりですので、つまらないかも知れないですが、またお暇な時に覗きにきてくださいね。 お返事できないので、コメント欄はあえて置いていません。

http://littleoven.web.fc2.com/

[ 2010/06/24 02:10 ] [ 編集 ]
さっそく、遊びに来てくださりありがとうございます。
こちらこそお世話になりました。
いろいろおしえていただいたり、誘導していただいたりと、ありがとうございました。
ブログゆっくりですが、アップしていきますので、おつきあいくださいませ。
鈴木さんのブログにもいかせていただきますね。ではでは・・
メールアドレス、消させていただきました。秘密ということで。。。はい
[ 2010/06/24 02:18 ] [ 編集 ]
ホソさんこんにちは~わータータンチェック~可愛い!!
昔チェックに嵌っていっぱい集めてた事あります(笑)
兵隊さんの服装かっこいいですね。
この石はそんな由来があったんですね。スコーンの由来とはビックリしました。
それにしても凄い人、こんなセレモニーを間近で見れたなんて凄く素敵な思い出になりますねー。

それからホソさん、今日ホソさんとこリンクしたら全然違うブログがリンクされてましたー。
[ 2010/06/25 17:11 ] [ 編集 ]
そうでしたね。一時期ブームになりましたね。
しかし本場のこちらは、ブームとは関係なく永遠のものですね。
たくさんの衛兵さんや伝統衣装を身に付けた方々が見れてラッキーでした。
リンクびっくりしました、なおしました。ありがとうございます
[ 2010/06/26 00:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

 nao ホソ 

Author: nao ホソ 
猫とギリシャとイギリスが好き

最新トラックバック
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。