ニャンとなくホビー

猫と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スコンのこだわり 

基本のスコン講座に行ってきました。

スコン!!今では、コンビニでも売られていますが、なかなかおくが深かいものです。
私が知ったのは、かれこれ15,6年前です。それ以来、病みつきです。

このようにして、セッテングすると、とてもおしゃれになります

テーブルのスコンセット(1)

ラブリーな食べ物に変身??
キレイナスコン(2) クウキングブック(1)

しかし、スコンだけでは味気のないパサパサしたものです。
ジャムとクロテッドクリームをぬっていただきます。
私、クロテッドクリームが大好きなのです。それゆえ、スコンを食べるのです。
ベストマッチな食べあわせ、他との組あわせは、私はありません。(キッパリ)
ジャムもベリー系の赤いジャムです。こだわりです。
そして、紅茶以外にあう飲み物はないと思ってます。ハイ!!


クリーリームテー(1) rinnbousann(1).jpg
                   「イギリスはおいしい」 著者 林 望  発行所 ㈱平凡社

今回の講座で講師の方が、林望サンの「イギリスはおいしい」にスコンの作り方が紹介されてます。
とのことで、早速、読み返してみると、あったわ。購入したときは、夢中で読んでいた本なのに、時がたつと、忘れてしまいますね。ふ~ いつも思うのですが、講師の方々の研究熱心に頭が下がります。
初めて、スコンを作ったのは、6月のイギリス旅行、キャロライン先生のお菓子教室です

こちらのポストカード以前にも紹介したのですが、ここにこだわりがあります。

デーボンシャークリーム(1)
クロテッドクリームとは呼ばず、デーボンシャークリームと呼んでます。こちらで作られているので、名前がついているのです。
私が滞在していた、イギリスのトーキーは日本の地方名で言うことのデーボン地方になります。
トーキーにいたときは、よく、クリームティーしました。(スコンと紅茶セットのことです)
てんこ盛りのクリームがテーブルに並びます。至福のときです。
日本では「デーボンシャークリーム」とてつもなく高いので、中沢のクロテッドクリームにお世話になってます。
クリームの話をしたらとまらなくなります。今回はスコン講座なので、この辺で・・・・



[ 2009/09/24 09:35 ] イギリス | TB(0) | CM(4)
おはようございます。へー。スコーンじゃなくスコンって言うんですねー。
確かにスコンはコーヒーより絶対紅茶があいますよね!!
クロテッドクリーム!そんなに美味しいのですね~食べてみたい。
最後のポストカードの写真の様にお外でティータイムしたらほんとに楽しいい美味しいだろうな~♪
[ 2009/09/25 05:02 ] [ 編集 ]
スコーンという言葉、むかしコマシャールで、スコーン・スコーン・・・かりっとさくっとおいしいスコーン!覚えてます。ものは全然違うのに、その言葉がなじんだようです。
ピンクのテーブルセット、ちかさん好みではないでしょうか??^m^
[ 2009/09/25 08:14 ] [ 編集 ]
イギリス製紅茶は美味しいですよね。
日本やギリシャのスーパーにはないおいしいブランドがあって、もうすごい!
つまり日本にいくと日本茶の奥の深いブランドがたくさんあるように、
イギリス紅茶にもこだわりがあるのを感じました。
スコンもジャムもこだわりがありそう。
[ 2009/09/26 17:16 ] [ 編集 ]
ギリシャはギリシャコーヒーでしょうか?
最近、ギリシャ料理会の時、山の紅茶が出ます。
ハーブテーですね。
そいえば、ギリシャの人たちは、何をよく飲むのかしら?
lemonodasosさんは? 
[ 2009/09/27 01:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

 nao ホソ 

Author: nao ホソ 
猫とギリシャとイギリスが好き

最新トラックバック
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。