ニャンとなくホビー

猫と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・新アクロポリス博物館  

たくさんの犬に出会いながら目的地の新アクロポリス博物館に到着

モダンな建物、現代の博物館なんですね
2010_0617_152059-P1030845.jpg

博物館の周りも素敵です

2010_0617_152105-P1030846.jpg 2010_0617_172539-P1030857.jpg

敷地内には教会も
2010_0617_173048-P1030859.jpg

エントランス付近はガラス張りになって下の遺跡が見れます。きっと工事中に発掘されたんでしょうね。ガラスの上は足が震えて歩けません。
2010_0617_152147-P1030848.jpg 2010_0617_152324-P1030850.jpg

エントランスで、私のデジカメを見たスタッフに「撮影禁止です」と言われた。ガ~~ン

ギリシア/アテネ特派員ブログ有馬 めぐむさんの「新アクロポリス博物館に行ってきました」をご覧下さい
そんなわけで、パンフレットから撮ったカリアティデス(乙女達)後ろ姿 
DSC00205.jpgDSC00221.jpg
          アクロポリスのエレクティオン神殿6体の乙女です(こちらはコピーです)
本物は博物館ですこちらです。新アクロポリスの博物館には5体の女神!
もう1体は大英博物館に展示されてます
DSC00211.jpg 大英博物館のパンフレットから撮影


館内で唯一写真撮影が許可されたカフェ、ギリシャのお菓子「ガラクトブレコ」カスタードパイをいただき・一休み!!おいしかった
2010_0617_163626-P1030852.jpg 2010_0617_163639-P1030854.jpg

オープンカフェからはパルテノン神殿が望めます
2010_0617_165328-P1030856.jpg

念願の新アクロポリス博物館、複雑な思いを残しながら後にしました

目の前には遺跡の劇場、イロド・アティコス音楽堂
2010_0617_175144-P1030863.jpg

帰国してから知ったのですが、フェスティバルで、「能」が開催されていたらしいのです。偶然にも鑑賞された方から、上映前の写真(上映中は撮影禁止)をいただきました。ライトアップされてきれいでした

パルテノン神殿のチケット売場を通り過ぎ
2010_0617_175642-P1030866.jpg

古代アゴラの中に入ります
テッシオン(ヘーファイトス神殿)。アギィ・アポストリ教会
2010_0617_182034-P1030874.jpg 2010_0617_182021-P1030873.jpg

教会内の天井フレスコ画 
2010_0617_181403-P1030870.jpg 2010_0617_181421-P1030871.jpg
                                  祭壇
遺跡の中にちょっとしたオアシス?        アタロス柱廊
2010_0617_182146-P1030876.jpg 2010_0617_182106-P1030875.jpg

アタロス柱廊 みごとです
2010_0617_182213-P1030877.jpg 2010_0617_182231-P1030878.jpg

トリトン像(半人半漁の海神)
2010_0617_184057-P1030881.jpg

入口出口には給水場があり、皆さん飲んでました。ギリシャでは水道水飲まれているのです。私も知らずして、飲んでました。
2010_0617_184222-P1030884.jpg 2010_0617_184247-P1030885.jpg

古代アゴラを出て賑やか通りを歩き、ふと目にとまった屋台で、チェリーを買いました。
2010_0617_184456-P1030886.jpg 2010_0617_184910-P1030889.jpg
400円ぐらいで、山ほどチェリーが買え、私は10粒ほど食べ、後は友人2人にあげちゃいました。
これから、友人達と待ち合わせをしランチと楽しいニャンコツアーです
続きます・・・
スポンサーサイト
[ 2010/07/30 11:49 ] ギリシャ | トラックバック(-) | CM(2)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・朝のワンコ達 

朝食のオープンと同時に行くと、スタッフ準備中です




ギリシャのヨーグルトは濃厚です。蜂蜜をかけて食べます。健康食品ですね。スイカは大変甘くジューシーです
2010_0617_135019-P1030828.jpg 2010_0616_155308-P1030716 - コピー

                            ギリシャコーヒーを作るための一式

ギリシャコーヒー専用の鍋にサラサラに挽いたお粉をいれ、(好みでお砂糖も)お湯を入れかきまぜ、砂(砂鉄)の上に置き、グルグル回します。あっという間に沸騰します。そしてカップへそそぎ、とても熱いので、やけどしないよう上積みだけ飲みます。飲み終わったカップにはお粉が沈殿してます
2010_0617_134152-P1030819.jpg 2010_0617_134314-P1030822.jpg 2010_0617_134406-P1030824.jpg

博物館めざし、メトロのシンタグマ駅にむかいます。そして・・ワンちゃん達に遭遇!ちょっと観察です。

2010_0617_145926-P1030832.jpg 2010_0617_145957-P1030833.jpg
涼しいところをめざして

土の上とか、草むらは、ワンちゃん達にとって快適な場所のようです
2010_0617_150012-P1030835.jpg 2010_0617_150026-P1030836.jpg
そこのおばさんいつまで、見てるの?早く博物館にいけばぁ~、私たちこれから朝寝するからぁ

メトロの駅にむかいます。ガ~~ン!!またストです。今日も???ひ・ど・い
後で、知ったのですが私が滞在した2日間、メトロのストでした。
私が滞在した2日間・・・・・

博物間は歩いてもいけるので、しょうがないゆっくり行くことにしました。もう汗びっしょりです

こんにちは暑いね、日陰でお休みですか???
2010_0617_150306-P1030837.jpg 2010_0617_150312-P1030838.jpg
そばに行くと、シルバーのワンちゃん、後ろ足つけずに少しぴょんぴょんしてました。ボランティアさんに見てもらってほしい。それにこの仔、首輪していなかったように思います。それも心配です

アテネの中心街にたくさんののらちゃんがいます。たいがい道端で寝てます。ご飯はボランティアの方や、お店の人たちがあげてます。首輪をしているのらちゃんは、予防接種した証明です。あがぴょんさんのブログでも説明されてます。犬好きの私は平気ですが、私の母のようにダメな人にとって、アテネの大きな犬達はドキドキかも・・

朝の8時半ごろ、車、バイク、人々で、あふれてます。以前よりバイクが多くなったように思います。二人乗りの姿も見かけます
2010_0617_151410-P1030840.jpg 2010_0617_150700-P1030839.jpg
             ワサワサしていてもマイペース!スマイルなこの方・・

新アクロポリス博物館の標識発見、右折しま~~す。
2010_0617_151443-P1030841.jpg


おお~こんちはぁ!! お行儀いいですね。
2010_0617_151707-P1030842.jpg
これが基本ですから

午前中に遭ったワンちゃん達です

古代アゴラのチケット売り場のワンちゃん・・わからないことはお尋ねください
2010_0617_181229-P1030869.jpg


アタロスの柱廊博物館の守衛さん、仕事放棄して爆睡です
2010_0617_182247-P1030879.jpg
無防備すぎ

賑やかな通りから白い物体 はい!!とおりますよ~とおりますよ
2010_0617_184734-P1030887.jpg 2010_0617_184741-P1030888.jpg
見向きもされませんでした。どこにお急ぎでしょう

アテネでは野良犬の殺処分をせず、市役所の保護下に置いて市役所の職員と獣医を含むボランティアの人たちが野良犬の面倒を見ています(世界それホント?会議より

アテネの中心街では、たくさんのワンちゃんと、タベルナ(お店)ではニャンコ達に会えます。犬猫好きの私にとって楽しい場所です。何もせず眺めているだけで、時間が過ぎていきます


続きます・・・
[ 2010/07/22 20:59 ] ギリシャ | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・ニャンコ1日目 

夕方 風の塔で待ち合わせ、4時なのにまだまだ日は強い


ニャンコツアーのはじまりです
いつもおじゃましているあがぴょんさんのブログ いつか参加したいと思っていた私の夢のツアーです

こんにちは!!日本から会いに来たよ!! 
よく来たね
2010_0616_222257-P1030776.jpg 2010_0616_223816-P1030777.jpg
          あがぴょんさんがサインを送ると、ニャンコ達が集まってきます

まさにこの光景を夢見てたんです。しあわせ
2010_0616_223840-P1030778.jpg

いかん出遅れた・・・(汗)          ここにおいしいもの発見
2010_0616_224353-P1030780.jpg 2010_0616_224443-P1030781.jpg

一気食いしたのでちょっと休憩、お腹も満腹かなぁ
2010_0616_225414-P1030784.jpg


しかしあついね、私達は毛皮きてるから今の季節大変にゃのよ・・ハァハァハァ~
2010_0616_225302-P1030783.jpg

な・なに?壁にオブジェが!びっくりしたぁ 
2010_0616_230310-P1030785.jpg 2010_0616_230633-P1030789.jpg 2010_0616_231410-P1030790.jpg
                       あがぴょんさん待ちくたびれたでしゅ

ニャンコにご飯あげながら、プラカのにぎやかな通りに出ます


ニャンコバックが置いてあります ここの女主人もニャンコにごはんをあげてます
2010_0617_004939-P1030793.jpg

あがぴょんさんのお友達お二人?ほほえましい 残りのごはんをこのご婦人に託しました
2010_0617_015113-P1030795.jpg

カフェでコーラとミックスフルーツジュース一気飲みして

2010_0617_015705-P1030797.jpg 2010_0617_015727-P1030798.jpg

ふらふらお散歩しながら夕食の時間・タベルナ(庶民的なお店)へ向かいます

お疲れさま・・ま~水でも・・
2010_0617_020434-P1030800.jpg 2010_0617_030851-P1030809.jpg
つかれましたぁ。汗かかない私が、汗だくでしたよ。でも楽しかったw

さぁ~夕食で~す
2010_0617_020754-P1030802.jpg
いただきま・・・・って、、、ここから5品選びます。こちらのお店、おひとり14??(確か)ユーロで2人で6品選べるシステムです。人数が多いとたくさんの種類食べれますね

で・選んだのはこちらの5品
2010_0617_021119-P1030803.jpg 2010_0617_021425-P1030807.jpg
向かって左から、ズッキーニのフライ。ミートボールトマトの煮込み、イカのトマト煮、巨大ホルテキア(少し苦みのある野菜)ゆで過ぎたお浸しのようなものとムサカ(ポテト、ミートソース、ナス、ホワイトソースの重ね焼き)そしてデザートあわせて6品です

いただきます。
2010_0617_021420-P1030806.jpg 2010_0617_031629-P1030810.jpg
デザートはハルバ(ういろうのような食感です)
9時過ぎてもまだ夕方の明るさです。ギリシャの夜は長いのです
この日は38度あったそうです。確かにあつい、ほとんど汗のかかない私でも顔から汗が出ました
たまには汗をかくのもいいですよね

明日は、もう一人加わり3人でニャンコツアーです。おかげで写真もたくさん撮れたw、ワンちゃんにも会えたしあがぴょんさんに感謝しつつ別れて、zzzzzzzあがぴょんさんありがとう明日もよろしくですzzzzz

続きます・・・
[ 2010/07/18 11:33 ] ギリシャ | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・アテネです暑いです 

ギリシャです。5年ぶりのアテネに深夜3時に着きました。

ホテルの部屋に、ウエルカムフルーツ!!以前はバケットに数種類のフルーツがてんこ盛り?だったような
2010_0616_160746-P1030719.jpg
朝からの行動のため、寝過ごさないよう目覚ましをzzzzzz


朝です。むわ~と暑い  朝食の時間が終わってしまう、いそげ~~
2010_0616_154005-P1030713.jpg 2010_0616_154631-P1030714.jpg

ビュッフェスタイルの朝食!コーヒーの後は。。他のゲストさんが紅茶を頼んでいたので、つい目が。んんん・・リプトンのイエローラベル!私もいただきました

今日の予定は、アテネのショッピングモールで、紅茶やお菓子を研究??食べる・・
夕方待ちに待ったニャンコツアー

あわただしくホテルを出ます
こちらギリシャの朝の名物、クルーリ、ゴマのリングパン!!歩きながら食べます。
2010_0616_174541-P1030722.jpg  DSC00223(1).jpg

そして、お助けマンのとても便利なキオスク、あちらこちらにあります。お水、飲み物・お菓子・はがきを買ったりと、何度もお世話になってます
2010_0616_174732-P1030724.jpg 2010_0616_180150-P1030727.jpg
          メトロに乗るためシンタグマ広場に、途中ワンちゃんの後を

ここがメトロの入口のはず、なぜシャッター??
2010_0617_145811-P1030830.jpg
反対側に移動、おじさんに聞いたらここから入れるよって、えええ~~はいれず!おじさんも知らず、今日はストでメトロ動きません・・いきなりですか

なんで??たくさんのツーリストがいるのに・・ちょっとそこの方教えてください
2010_0616_182110-P1030732.jpg 2010_0616_182042-P1030731.jpg      
エヘッそこがギリシャやないの・ゆっくりいきやぁ~ここはギリシャやでぇ~シガシガ

はいその通りです。次を考えましょ次を・・即日程変更

あらっ前から気になっていた、機関車○○○○似?「ハッピートレイン」
2010_0616_174909-P1030725.jpg

どこをどう走ってくれるのか期待しながら。こちらに乗り込むことにしました。んんんあ・つ・い・

2010_0616_192611-P1030753.jpg 2010_0616_184044-P1030735.jpg

エルム通りから出発です。人もたくさん出てますワクワクしてきます
こちらの周遊風景は一番下にある 【続きを読む】 にまとめました

楽しかった機関車・・・・終点、途中で気になったお店にむかいます

お菓子やさん。私の大好きなバクラヴァ専門店です
2010_0616_205001-P1030769.jpg

自分へのお土産!!ギリシャはシロップつけのあま~いお菓子が有名です
2010_0617_045534-P1030814.jpg 2010_0616_200557-P1030764.jpg
ナッツ(くるみ、アーモンド、ピスタッチオ・・・)とパートフィロ(とても薄いパイ生地)を、
交互に重ねて焼きます。焼きあがってからシロップをたっぷりかけ、完全にさめてから食べます。
甘いです。ひたすら甘いです。私も焼きました甘いです。

右2点の写真はクルラキアなどのビスケットです。イースターの時に食べます。
2010_0616_200551-P1030763.jpg 2010_0616_200637-P1030765.jpg 2010_0616_200642-P1030766.jpg

ギリシャ菓子の本がほしくて本屋さんを探してました。見つけたんです、こちら外装も内装も明るくきれいでした。そしてすずし~!!料理本の棚です
2010_0616_201205-P1030768.jpg 2010_0616_201157-P1030767.jpg

しかしギリシャ語です。わかりません・・英語版を探して、結構書店内にいました。疲れ果ててやっと見つけたこちらの本です。

DSC00228(1).jpg DSC00229.jpg
ギリシャのパンから甘いものジャンル盛りだくさん載ってます。こちらのページはパイ生地のお菓子達です


そろそろお腹がすいてきました。ランチの時間。。重い本や、大事なおバクラヴァ達をホテルに置きたいので、ランチは持ち帰りです

まさにギリシャの味・・かなぁ
2010_0616_210811-P1030770.jpg

ギリシャサラダ(フェタチーズ(ヤギです)オリーブ、きゅうり、トマト)ソースはオリーブオイルと塩コショウ飲みです。フレッシュでおいしかったです。ギロスとスパナコピタ

2010_0616_210841-P1030772.jpg スパナコ
ギロスとは、お肉と野菜とジャジキ(ヨーグルト・きゅうり・ガーリック味のデップ)をピタという丸いパンで巻いたものです。お隣はスパナコピタ(ホウレンソウのパイ)結構な量を食べました。満腹、満足
ホッとしているうちにニャンコツアーの時間が、ワクワク

続きます・・・

[ 2010/07/14 22:22 ] ギリシャ | トラックバック(-) | CM(2)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・大忙しのロンドン  

今日はちょっと早起きをして、電車でロンドンにむかいます

グラスゴー駅、広く、明るい駅です。出発まで時間があったので、駅内を散策・・


ロンドンまで、ヴァージントレイン(ファーストクラス)で、移動です
2010_0615_174514-P1030677.jpg
こちらのファーストクラス!期待以上のものがありました。ロンドンまで4時間30分の旅、朝食、昼食がサービスされます。紅茶、コーヒー、サービス、スタッフ 満足・満足です。

出発・・すぐ朝食のサービスがはじまりました。ティー?コーヒー?
2010_0615_180122-P1030681.jpg 2010_0615_180747-P1030682.jpg
ホテルでしっかり朝食を済ませたので、朝食はパスしたのですが・・・?、フルーツ・クロワッサンいただきました、、、、(^^ゞ メインはハンバーガーだったようで、もしかして私、いけたかも。。。

おしゃべりしているうちに、今度はランチのサービスがはじまりました。はやい・・・
2010_0615_185016-P1030683.jpg 2010_0615_204738-P1030684.jpg
トマトとモッツァレラーチーズサンドイッチ!!で・でかい・!おやつにキャロットケーキも・・4時間30分の車中、食べて、おしゃべりして、お茶して、あっという間にロンドンに到着しました。

ここで、私は皆さんとお別れです。皆さんはロンドンでの過密??スケジュールに突入、私は夜ギリシャ、アテネに飛びます。
バタバタしていて、感傷に浸る間もなく(それがよかった、ゆっくりしてたら大泣きです)(T_T)
先生、皆さん、スコットランドのたのしい日々ありがとうございました(涙)

この後、パディトン駅にむかいます。空港行きヒースローエクスプレスのチケットを購入し、重くなった荷物を預けます
2010_0616_020517-P1030703.jpg
くまのパディトンゆかりの駅です。
パディトン駅は私にとって、イギリス生活の出発点となった思い出の場所です。ホッとする場所です。荷物を預けたり、待ち合わせしたり、お茶をしたり、そしてよくトイレを借りました。(^^ゞ
以前は、掃除担当の女性に20P渡していたのですが、今は、トイレ入口にある機械に30P入れて、ロック解除して中に入ります。


荷物預り所
2010_0616_020836-P1030704.jpg
以前の場所とかわり、駅も修復中で、見つからない・・・やっとのことで見つけ、中に。。。しかし、スッタッフの英語がまったくわからず、青くなっていたら、隣にいた女性が説明してくれて、やっと荷物を預けることができました。ご親切に助かりました、、、汗、汗、かなりへこみました・・・・・・

残された時間は2時間ほど、大英博物館に行く時間あるのだろうか?移動時間も考えたら、厳しいなぁ~~ここから近い、そして皆さんと会えるかもしれない、ヴィクトリア&アルバート博物館へ行くことにしました

地下鉄に乗り、駅から地下歩道で直接入口にいけます
ヴィクトリア&アルバート博物館の中庭から撮った写真です

2010_0616_003249-P1030690.jpg 2010_0616_003307-P1030691.jpg
この中庭で、先生と皆さんに再会できました。さっき別れたばかりなのに・・・
でも、、、時間がないので、早々に、、お顔が見れただけでもうれしかったです(涙)

ヴィクトリア&アルバート博物館では、シルヴァーギャラリー・だ・け・を見ました
2010_0616_002237-P1030685.jpg

こちらは、紅茶のもろもろがガラスケースに、おさめられてます
2010_0616_002508-P1030689.jpg

家族で紅茶を飲んでる絵もあります (この絵、不思議なんです、調べきれず、断念)
2010_0616_002309-P1030686.jpg 2010_0616_002406-P1030687.jpg
                   この当時飲まれていた茶葉でしょうね?


世界初の博物館のカフェ・ the Morris, Gamble and Poynter Rooms
2010_0616_003559-P1030693.jpg 2010_0616_003621-P1030694.jpg
ゆったりとした時間

反対側には、釘づけになったお菓子スタンド・・今回は時間がないので。写真を撮るだけ、我慢です
2010_0616_003720-P1030697.jpg 2010_0616_003709-P1030696.jpg 2010_0616_003656-P1030695.jpg

我慢・我慢の博物館を後にして、隣の駅にあるホールフーズへ・・

2010_0616_014015-P1030702.jpg 2010_0616_013026-P1030701.jpg

昨年訪れて、楽しかったので、ちょっとだけ寄りました 

2010_0616_012721-P1030698.jpg 2010_0616_012726-P1030699.jpg 2010_0616_012737-P1030700.jpg
食べることもなく、買うこともなく、ここも時間がないので、我慢、我慢です・・・・


そして、ヒースロー空港へ

2010_0616_045549-P1030710.jpg

そういえば、ロンドンに着いてから飲まず食わずだった(めずらしい・・)
以前ここで食事したのを思い出し・・夕食をとることにしました。機内で食事が出されますが。。まだまだ時間があるので、

2010_0616_035711-P1030708.jpg 2010_0616_034255-P1030705.jpg
今回2度目のジャケットポテトです。このツナの量すごいです。一人で食べるんですけどぉ~~

出発ロビーで、待ちます。出国時間過ぎてるよ?・
2010_0616_043350-P1030709.jpg

夜9時30分ごろイギリスを出国。ギリシャ・アテネには深夜3時頃到着予定です。

明日は、たくさんのニャンコとワンコに会えます。続きます・・・
[ 2010/07/10 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・グラスゴー  

わくわくのキャメロンハウスを後に荷物と一緒に大型タクシーで、グラスゴーにむかいます。
今日は晴天です。だんだん車内は暑くなります。途中、重~い窓を開けてもらい、瀕死?状態を脱したところで、グラスゴーに到着です



旅行の日程表をいただいたとき、グラスゴーを訪れることがわかった瞬間、即、リプトン と気がついたのです。グラスゴーに、サー・トーマス・リプトンのお墓があります
ぜひお墓参りしたいと、先生にお願いしました

お墓は一般の共同墓地にあります。サーの称号をもつリプトンです、自宅の敷地にお墓をもつことができるのに、両親と一緒に共同墓地に眠っているのです。家族が一番なんですね。今ではリプトン家は途絶えたと聞いてます。残念ですね
2010_0614_212654-P1030649.jpg 2010_0614_212724-P1030650.jpg
ヨーロッパの墓地は、子供の遊び場となったり、賑やかなことがよいみたいです。迷いもなく一緒に写真撮らせてもらいました。日本のイエローラベル飲んでくだいね。
リプトン紅茶は明治39年(1906)、日本に輸入され、今も変わらぬ味で飲まれています

2010_0614_212816-P1030651.jpg 2010_0614_212858-P1030652.jpg
緑に囲まれ、お墓の前にはマスカットの香りのするエルダーフラワーが咲いてました。(魔除けの効果があると信じられていたため、この枝で十字架を作り墓の上に植え、やがて根づき花をひらき葉をつければ、埋葬された人は至上の幸福を享受しているということを表わすと言い伝えられていました)こちらからコピーさていただきました。すてき・・・

お墓参りした後は、スコットランドの建築家、のウィローティールームへ

2010_0614_221612-P1030658.jpg 2010_0614_221617-P1030659.jpg
1階はジュエリーのお店、奥はマッキントッシュの作品の売り場になっており、2階はテールーム、そして私達は3階のデラックスルームに案内されました。ここでアフタヌーンティーです。
今までのアフタヌーンティーのルームとはちょっと雰囲気が違いますね。
2010_0614_222559-P1030660.jpg 2010_0614_224849-P1030662.jpg
すべてが、マッキントッシュのデザインらしいです
2階のティールームで、好きなケーキを1個選びます。私はアップルトフィー(キャラメル)パイにしました。私はバナナの方が好きなのですが、なかなかであえません。
3段トレーにはそれぞれ選んだケーキをのせて、どーんとテーブルに置かれました。スコットランドはどーんですね。
2010_0614_225551-P1030664.jpg

紅茶はラプサンスーチョンにしました。ほかの紅茶もたくさんいただきました
2010_0614_232357-P1030665.jpg 2010_0614_225538-P1030663.jpg
レモンメレンゲパイ、こちらも気になっていたんです。Yさんのをお味見・・・レモンの酸味がほど良くおいしかったです。酸味に弱い私でもOK
なかなか制覇できないアフタヌーンティーですが今回は90%いけたかなぁ~
皆さんこちらでもマッキントッシュ、デザインの品をお買い物、すばらし~いパワーです

グラスゴーの荘厳な建物見学に出ます。特に有名なグラスゴー聖堂をめざします
2010_0615_012051-P1030667.jpg 2010_0615_015420-P1030670.jpg

地図を見ながら探しますがわからず、先生が道行く女性に尋ねたところ、遠いらしく電車で行くことになりました。ご親切に感謝です
2010_0615_012823-P1030668.jpg 2010_0615_015706-P1030671.jpg
会社が終わった時間らしく人々で、通りも駅も混雑してました。
目的の駅におりましたが、人がいない、お店もしまっている、ちょっと不安になりながらグラスゴー聖堂に到着

2010_0615_020025-P1030672.jpg
入口がわからずグルグル回ったのです入口らしいところは全部閉まっていて、閉館のようです。残念です。外観だけ写真に撮りました。

2階建てバスで、ホテルに戻り、チェックイン!部屋に行き荷物の整理をし、今宵の夕飯は中華となりました。
一人1~2品注文、私はスープと五目チャーハン、皆さんは焼きそば、マーボトーフ、牛肉のオイスター焼き・・
料理の前にエビせんがだされ、先生とAッちゃん、えびせんとまりません・・・
2010_0615_041435-P1030673.jpg
エビせん、ご飯に満足し、ホテルに戻り増えつつある荷物を整理し、明日はちょっと早起きして、電車で、ロンドンへむかいます。スコットランド最後の夜になりましたzzzzzzz
続きます・・・

[ 2010/07/07 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・ローモンド湖キャメロンハウス 

雨もあがり、今回の旅で、唯一のマナーハウス.キャメロンハウスに到着



ゲートからおりることなく専用バスで、敷地内に入ります。湖を見ながら。。。。。。

2010_0614_150505-P1030631.jpg

2010_0614_153712-P1030632.jpg
白鳥や鷺がのんびり湖で過ごしてます。動物好きな私にはそれだけで、わくわくです。

エントランスに到着
2010_0614_003353-P1030612.jpg

出迎えてくれたのは、ユニフォームがお似合いのこの方、テキパキ・テキパキ・と仕事されてます

2010_0614_171343-P1030644.jpg

本日、初めてのティータイム、暖炉のある素敵な空間、周りのおしゃれなお客さん達はゆっくりとアフタヌーンティーをされてました。
2010_0614_004918-P1030616.jpg
ここでも、私の好きな丸型ショートブレッドがサービスされました。紅茶は、ティーバッグ・・・・2杯は飲めるかなぁ・・
ここでのおしゃべりはつきることなく、続きはホテルのレストランで・

期待わくわくのお部屋です。私達は角部屋でした。部屋ごとに内装が違うので、部屋散策となり、お城が見える、湖が近いなど、各部屋ごとで、盛り上がります
2010_0614_002257-P1030608.jpg 2010_0614_002417-P1030610.jpg
窓から湖が見えます。白鳥たちも・・うっとりです。のんびりしたいのですが、お着替えをしてレストランにむかいます。

オープンキッチン、テーブル、外見とは違いとてもモダンなレストランです

ここはビーフがおすすめのようです。が、私はラムにしました・・

2010_0614_035122-P1030621.jpg 2010_0614_035544-P1030622.jpg 2010_0614_040835-P1030623.jpg

2010_0614_041028-P1030624.jpg 2010_0614_043206-P1030625.jpg 2010_0614_060440-P1030629.jpg
レモンに優しさを!種や中の皮が絞ったときにでないようガーゼがかぶせてあります。繊細だわぁ
デザートはフォンダンショコラ、中からトロー濃厚なお味でした
1皿のお料理が多く、残された方もいらして、私は、がんばって完食しました。

お腹12分目の状態で、皆さんご就寝ですzzzzzz


肌寒い朝です。
何気に今日の天気は・・と窓を覗き込んだら。。あっ・・・・・・
2010_0614_150320-P1030630.jpg
ウサギです。これが限界・・隣は鳥さん、息をひそめ窓越しから見てました。この後、外に出た瞬間またもやウサギに遭遇、敏感なウサギは逃げ足が速く写真とれませんでした。
朝食の前に湖の散策です。ちょうど子育ての時期でしょうか?白鳥さんさんや??さん子供たちと一緒です
ご飯を食べてる様子です。

2010_0614_154358-P1030638.jpg

2010_0614_154403-P1030639.jpg
地面は昨日の雨と朝露のため濡れてます。そしてたくさんのウン●、犬にしては小ぶりだけど、野生の動物でしょうか。???
途中他の方とも合流して、敷地内を散歩しつつ写真タイム・・・


朝食にむかいます。キッパーがありました。即決オーダーうれしい。(キッパー主としてニシンを塩漬けにして燻製(くんせい)にしたもの。イギリスの代表的な朝食メニューのひとつ)というウィキペディア(Wikipedia)』. 説明がありましたが、私はホームステー先で、金曜の夜によくご飯と一緒に食べてました

2010_0614_160359-P1030640.jpg 2010_0614_160818-P1030643.jpg
紅茶をよく飲みますが、朝はコーヒーなのです。コーヒーを飲みつくしたら、どなたかの紅茶をいただきます。量的には紅茶の方がたくさん入ってますから・・・ね
朝食をすませ、出発まで時間があるので、昨日から皆さん気になっていた、タータンチェックのお店がオープンするのをまち、お約束の買い物をしました

2台のお出迎えタクーシが来ましたが、荷物がはいりません。1台大きい車とチェンジでしたが、これも後ろに荷物がはいりません。結局荷物と一緒に座って次の都市グラスゴーへ向かいます

グラスゴーには会いたい人がいます。楽しみです。続きます・・・

[ 2010/07/04 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・ローモンド湖への移動  

ホテルで、しっかり朝食を食べ(オムレツにしました。卵3個も入っている巨大です)
今日はローモンド湖へ専用のミニバスで、移動します。
途中2か所に立ち寄ります。
昨晩のワールドカップ、イングランド対アメリカ 1-1の引き分けでした。がゴールキーパーのミスによりアメリカの得点が入ってしまったのです。昨晩からニュースや新聞は、そのことばかりがクローズアップされました。ふーー

今日は、雨です。そして肌寒い、

初めに寄ったリンリスゴー宮殿
チケットと一緒にパンフレットが入ってました。(雨が強くなってきました)

スコットランド女王メアリーが生まれた宮殿、18世紀の火災によりその後、廃墟になりました

門をくぐり右手に協会があります。今日は日曜日、ミサに来た方々で、教会内は賑わっていました
2010_0613_185612-P1030591.jpg

教会を後にし中庭に出ました。高い外壁に取り囲まれています。各部屋から、中庭が望めます。中央に噴水があります。
 2010_0613_191300-P1030593.jpg 2010_0613_191252-P1030592.jpg

皆さんは宮殿の中を散策、私とYさんは階段が苦手、おとなしく?お土産ショップで待っておりました。


エジンバラ城で、購入したチケットと一緒に、スタンプを押せるパスポートがあります、リンリスゴー宮殿、スターリング城で、スタンプしてもらいました。しかし一番最初のエジンバラ城では、押してもらってません。知らなかったのです。残念

DSC00071.jpg

次に寄ったのがスターリング城
DSC00080.jpgポストカード

駐車スペースのところに、私の好きな色合いのタータンチェックのミニバンが止まっていました。アイスクリームを売っています。・・・今日はひえこむので、ちょっと・・ごめんなさい。
2010_0613_205246-P1030596.jpg


城門をくぐってすぐの壮麗な宮殿(Royal Palace)。修復中で、中には入れないのです。
2010_0613_214316-P1030600.jpg


王族や貴族達が大きな祝典のために集まった、スコットランド史上最大の壮麗な Great Hall (グレート ホール)。中の写真を撮り忘れました・・・・
2010_0613_214311-P1030599.jpg

その隣に、博物館があり、戦争の武器、衣装、勲章、ドッキとした、兵隊のマネキン人形などが狭い部屋に展示されていました。(Regimental Museum)。


専門の織工達が宮殿に飾るタペストリーを作製している tapestry studio (タペストリー スタジオ)
2010_0613_215316-P1030606.jpg

ユニコーンですね
2010_0613_215303-P1030605.jpg 2010_0613_214714-P1030602.jpg

                          王室礼拝堂)の中にはいり、すぐ目に付いたこちら、ママは仕事着?子供をあやすパパ、歴史と混合ですね。

スターリング城の詳細はこちらを、私の写真の説明文にお借りしました


こちらでランチをとりました。寒かったので、スープがのみたいなぁーと思っていたら、カリフラワーとかぼちゃのスープがありました。ラッキーと思っていたんのです。こちらのケーキが目に入り、なぜかスープをやめ、サンドイッチと紅茶と、コーヒーくるみケーキをオーダーしてしまいました。??

2010_0613_214121-P1030597.jpg
イギリス定番のコーヒーくるみケーキ、紅茶にあうケーキとして紹介されてます。本場の味を知ってから焼こうと思っていました。コーヒーのクリームしっかりしてます。子供には苦いかも、大人の味です。スポンジはしっとりです。おいしかったです。おいしいぞ~スコトランドのお菓子。。。

お買い物もちゃ~~として、最終地点のローモンド湖へむかいます。今回の旅で、一番楽しみにしているホテルです。
続きます・・・・・
[ 2010/07/01 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)
プロフィール

 nao ホソ 

Author: nao ホソ 
猫とギリシャとイギリスが好き

最新トラックバック
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。