ニャンとなくホビー

猫と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・大忙しのロンドン  

今日はちょっと早起きをして、電車でロンドンにむかいます

グラスゴー駅、広く、明るい駅です。出発まで時間があったので、駅内を散策・・


ロンドンまで、ヴァージントレイン(ファーストクラス)で、移動です
2010_0615_174514-P1030677.jpg
こちらのファーストクラス!期待以上のものがありました。ロンドンまで4時間30分の旅、朝食、昼食がサービスされます。紅茶、コーヒー、サービス、スタッフ 満足・満足です。

出発・・すぐ朝食のサービスがはじまりました。ティー?コーヒー?
2010_0615_180122-P1030681.jpg 2010_0615_180747-P1030682.jpg
ホテルでしっかり朝食を済ませたので、朝食はパスしたのですが・・・?、フルーツ・クロワッサンいただきました、、、、(^^ゞ メインはハンバーガーだったようで、もしかして私、いけたかも。。。

おしゃべりしているうちに、今度はランチのサービスがはじまりました。はやい・・・
2010_0615_185016-P1030683.jpg 2010_0615_204738-P1030684.jpg
トマトとモッツァレラーチーズサンドイッチ!!で・でかい・!おやつにキャロットケーキも・・4時間30分の車中、食べて、おしゃべりして、お茶して、あっという間にロンドンに到着しました。

ここで、私は皆さんとお別れです。皆さんはロンドンでの過密??スケジュールに突入、私は夜ギリシャ、アテネに飛びます。
バタバタしていて、感傷に浸る間もなく(それがよかった、ゆっくりしてたら大泣きです)(T_T)
先生、皆さん、スコットランドのたのしい日々ありがとうございました(涙)

この後、パディトン駅にむかいます。空港行きヒースローエクスプレスのチケットを購入し、重くなった荷物を預けます
2010_0616_020517-P1030703.jpg
くまのパディトンゆかりの駅です。
パディトン駅は私にとって、イギリス生活の出発点となった思い出の場所です。ホッとする場所です。荷物を預けたり、待ち合わせしたり、お茶をしたり、そしてよくトイレを借りました。(^^ゞ
以前は、掃除担当の女性に20P渡していたのですが、今は、トイレ入口にある機械に30P入れて、ロック解除して中に入ります。


荷物預り所
2010_0616_020836-P1030704.jpg
以前の場所とかわり、駅も修復中で、見つからない・・・やっとのことで見つけ、中に。。。しかし、スッタッフの英語がまったくわからず、青くなっていたら、隣にいた女性が説明してくれて、やっと荷物を預けることができました。ご親切に助かりました、、、汗、汗、かなりへこみました・・・・・・

残された時間は2時間ほど、大英博物館に行く時間あるのだろうか?移動時間も考えたら、厳しいなぁ~~ここから近い、そして皆さんと会えるかもしれない、ヴィクトリア&アルバート博物館へ行くことにしました

地下鉄に乗り、駅から地下歩道で直接入口にいけます
ヴィクトリア&アルバート博物館の中庭から撮った写真です

2010_0616_003249-P1030690.jpg 2010_0616_003307-P1030691.jpg
この中庭で、先生と皆さんに再会できました。さっき別れたばかりなのに・・・
でも、、、時間がないので、早々に、、お顔が見れただけでもうれしかったです(涙)

ヴィクトリア&アルバート博物館では、シルヴァーギャラリー・だ・け・を見ました
2010_0616_002237-P1030685.jpg

こちらは、紅茶のもろもろがガラスケースに、おさめられてます
2010_0616_002508-P1030689.jpg

家族で紅茶を飲んでる絵もあります (この絵、不思議なんです、調べきれず、断念)
2010_0616_002309-P1030686.jpg 2010_0616_002406-P1030687.jpg
                   この当時飲まれていた茶葉でしょうね?


世界初の博物館のカフェ・ the Morris, Gamble and Poynter Rooms
2010_0616_003559-P1030693.jpg 2010_0616_003621-P1030694.jpg
ゆったりとした時間

反対側には、釘づけになったお菓子スタンド・・今回は時間がないので。写真を撮るだけ、我慢です
2010_0616_003720-P1030697.jpg 2010_0616_003709-P1030696.jpg 2010_0616_003656-P1030695.jpg

我慢・我慢の博物館を後にして、隣の駅にあるホールフーズへ・・

2010_0616_014015-P1030702.jpg 2010_0616_013026-P1030701.jpg

昨年訪れて、楽しかったので、ちょっとだけ寄りました 

2010_0616_012721-P1030698.jpg 2010_0616_012726-P1030699.jpg 2010_0616_012737-P1030700.jpg
食べることもなく、買うこともなく、ここも時間がないので、我慢、我慢です・・・・


そして、ヒースロー空港へ

2010_0616_045549-P1030710.jpg

そういえば、ロンドンに着いてから飲まず食わずだった(めずらしい・・)
以前ここで食事したのを思い出し・・夕食をとることにしました。機内で食事が出されますが。。まだまだ時間があるので、

2010_0616_035711-P1030708.jpg 2010_0616_034255-P1030705.jpg
今回2度目のジャケットポテトです。このツナの量すごいです。一人で食べるんですけどぉ~~

出発ロビーで、待ちます。出国時間過ぎてるよ?・
2010_0616_043350-P1030709.jpg

夜9時30分ごろイギリスを出国。ギリシャ・アテネには深夜3時頃到着予定です。

明日は、たくさんのニャンコとワンコに会えます。続きます・・・
スポンサーサイト
[ 2010/07/10 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・グラスゴー  

わくわくのキャメロンハウスを後に荷物と一緒に大型タクシーで、グラスゴーにむかいます。
今日は晴天です。だんだん車内は暑くなります。途中、重~い窓を開けてもらい、瀕死?状態を脱したところで、グラスゴーに到着です



旅行の日程表をいただいたとき、グラスゴーを訪れることがわかった瞬間、即、リプトン と気がついたのです。グラスゴーに、サー・トーマス・リプトンのお墓があります
ぜひお墓参りしたいと、先生にお願いしました

お墓は一般の共同墓地にあります。サーの称号をもつリプトンです、自宅の敷地にお墓をもつことができるのに、両親と一緒に共同墓地に眠っているのです。家族が一番なんですね。今ではリプトン家は途絶えたと聞いてます。残念ですね
2010_0614_212654-P1030649.jpg 2010_0614_212724-P1030650.jpg
ヨーロッパの墓地は、子供の遊び場となったり、賑やかなことがよいみたいです。迷いもなく一緒に写真撮らせてもらいました。日本のイエローラベル飲んでくだいね。
リプトン紅茶は明治39年(1906)、日本に輸入され、今も変わらぬ味で飲まれています

2010_0614_212816-P1030651.jpg 2010_0614_212858-P1030652.jpg
緑に囲まれ、お墓の前にはマスカットの香りのするエルダーフラワーが咲いてました。(魔除けの効果があると信じられていたため、この枝で十字架を作り墓の上に植え、やがて根づき花をひらき葉をつければ、埋葬された人は至上の幸福を享受しているということを表わすと言い伝えられていました)こちらからコピーさていただきました。すてき・・・

お墓参りした後は、スコットランドの建築家、のウィローティールームへ

2010_0614_221612-P1030658.jpg 2010_0614_221617-P1030659.jpg
1階はジュエリーのお店、奥はマッキントッシュの作品の売り場になっており、2階はテールーム、そして私達は3階のデラックスルームに案内されました。ここでアフタヌーンティーです。
今までのアフタヌーンティーのルームとはちょっと雰囲気が違いますね。
2010_0614_222559-P1030660.jpg 2010_0614_224849-P1030662.jpg
すべてが、マッキントッシュのデザインらしいです
2階のティールームで、好きなケーキを1個選びます。私はアップルトフィー(キャラメル)パイにしました。私はバナナの方が好きなのですが、なかなかであえません。
3段トレーにはそれぞれ選んだケーキをのせて、どーんとテーブルに置かれました。スコットランドはどーんですね。
2010_0614_225551-P1030664.jpg

紅茶はラプサンスーチョンにしました。ほかの紅茶もたくさんいただきました
2010_0614_232357-P1030665.jpg 2010_0614_225538-P1030663.jpg
レモンメレンゲパイ、こちらも気になっていたんです。Yさんのをお味見・・・レモンの酸味がほど良くおいしかったです。酸味に弱い私でもOK
なかなか制覇できないアフタヌーンティーですが今回は90%いけたかなぁ~
皆さんこちらでもマッキントッシュ、デザインの品をお買い物、すばらし~いパワーです

グラスゴーの荘厳な建物見学に出ます。特に有名なグラスゴー聖堂をめざします
2010_0615_012051-P1030667.jpg 2010_0615_015420-P1030670.jpg

地図を見ながら探しますがわからず、先生が道行く女性に尋ねたところ、遠いらしく電車で行くことになりました。ご親切に感謝です
2010_0615_012823-P1030668.jpg 2010_0615_015706-P1030671.jpg
会社が終わった時間らしく人々で、通りも駅も混雑してました。
目的の駅におりましたが、人がいない、お店もしまっている、ちょっと不安になりながらグラスゴー聖堂に到着

2010_0615_020025-P1030672.jpg
入口がわからずグルグル回ったのです入口らしいところは全部閉まっていて、閉館のようです。残念です。外観だけ写真に撮りました。

2階建てバスで、ホテルに戻り、チェックイン!部屋に行き荷物の整理をし、今宵の夕飯は中華となりました。
一人1~2品注文、私はスープと五目チャーハン、皆さんは焼きそば、マーボトーフ、牛肉のオイスター焼き・・
料理の前にエビせんがだされ、先生とAッちゃん、えびせんとまりません・・・
2010_0615_041435-P1030673.jpg
エビせん、ご飯に満足し、ホテルに戻り増えつつある荷物を整理し、明日はちょっと早起きして、電車で、ロンドンへむかいます。スコットランド最後の夜になりましたzzzzzzz
続きます・・・

[ 2010/07/07 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・ローモンド湖キャメロンハウス 

雨もあがり、今回の旅で、唯一のマナーハウス.キャメロンハウスに到着



ゲートからおりることなく専用バスで、敷地内に入ります。湖を見ながら。。。。。。

2010_0614_150505-P1030631.jpg

2010_0614_153712-P1030632.jpg
白鳥や鷺がのんびり湖で過ごしてます。動物好きな私にはそれだけで、わくわくです。

エントランスに到着
2010_0614_003353-P1030612.jpg

出迎えてくれたのは、ユニフォームがお似合いのこの方、テキパキ・テキパキ・と仕事されてます

2010_0614_171343-P1030644.jpg

本日、初めてのティータイム、暖炉のある素敵な空間、周りのおしゃれなお客さん達はゆっくりとアフタヌーンティーをされてました。
2010_0614_004918-P1030616.jpg
ここでも、私の好きな丸型ショートブレッドがサービスされました。紅茶は、ティーバッグ・・・・2杯は飲めるかなぁ・・
ここでのおしゃべりはつきることなく、続きはホテルのレストランで・

期待わくわくのお部屋です。私達は角部屋でした。部屋ごとに内装が違うので、部屋散策となり、お城が見える、湖が近いなど、各部屋ごとで、盛り上がります
2010_0614_002257-P1030608.jpg 2010_0614_002417-P1030610.jpg
窓から湖が見えます。白鳥たちも・・うっとりです。のんびりしたいのですが、お着替えをしてレストランにむかいます。

オープンキッチン、テーブル、外見とは違いとてもモダンなレストランです

ここはビーフがおすすめのようです。が、私はラムにしました・・

2010_0614_035122-P1030621.jpg 2010_0614_035544-P1030622.jpg 2010_0614_040835-P1030623.jpg

2010_0614_041028-P1030624.jpg 2010_0614_043206-P1030625.jpg 2010_0614_060440-P1030629.jpg
レモンに優しさを!種や中の皮が絞ったときにでないようガーゼがかぶせてあります。繊細だわぁ
デザートはフォンダンショコラ、中からトロー濃厚なお味でした
1皿のお料理が多く、残された方もいらして、私は、がんばって完食しました。

お腹12分目の状態で、皆さんご就寝ですzzzzzz


肌寒い朝です。
何気に今日の天気は・・と窓を覗き込んだら。。あっ・・・・・・
2010_0614_150320-P1030630.jpg
ウサギです。これが限界・・隣は鳥さん、息をひそめ窓越しから見てました。この後、外に出た瞬間またもやウサギに遭遇、敏感なウサギは逃げ足が速く写真とれませんでした。
朝食の前に湖の散策です。ちょうど子育ての時期でしょうか?白鳥さんさんや??さん子供たちと一緒です
ご飯を食べてる様子です。

2010_0614_154358-P1030638.jpg

2010_0614_154403-P1030639.jpg
地面は昨日の雨と朝露のため濡れてます。そしてたくさんのウン●、犬にしては小ぶりだけど、野生の動物でしょうか。???
途中他の方とも合流して、敷地内を散歩しつつ写真タイム・・・


朝食にむかいます。キッパーがありました。即決オーダーうれしい。(キッパー主としてニシンを塩漬けにして燻製(くんせい)にしたもの。イギリスの代表的な朝食メニューのひとつ)というウィキペディア(Wikipedia)』. 説明がありましたが、私はホームステー先で、金曜の夜によくご飯と一緒に食べてました

2010_0614_160359-P1030640.jpg 2010_0614_160818-P1030643.jpg
紅茶をよく飲みますが、朝はコーヒーなのです。コーヒーを飲みつくしたら、どなたかの紅茶をいただきます。量的には紅茶の方がたくさん入ってますから・・・ね
朝食をすませ、出発まで時間があるので、昨日から皆さん気になっていた、タータンチェックのお店がオープンするのをまち、お約束の買い物をしました

2台のお出迎えタクーシが来ましたが、荷物がはいりません。1台大きい車とチェンジでしたが、これも後ろに荷物がはいりません。結局荷物と一緒に座って次の都市グラスゴーへ向かいます

グラスゴーには会いたい人がいます。楽しみです。続きます・・・

[ 2010/07/04 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・ローモンド湖への移動  

ホテルで、しっかり朝食を食べ(オムレツにしました。卵3個も入っている巨大です)
今日はローモンド湖へ専用のミニバスで、移動します。
途中2か所に立ち寄ります。
昨晩のワールドカップ、イングランド対アメリカ 1-1の引き分けでした。がゴールキーパーのミスによりアメリカの得点が入ってしまったのです。昨晩からニュースや新聞は、そのことばかりがクローズアップされました。ふーー

今日は、雨です。そして肌寒い、

初めに寄ったリンリスゴー宮殿
チケットと一緒にパンフレットが入ってました。(雨が強くなってきました)

スコットランド女王メアリーが生まれた宮殿、18世紀の火災によりその後、廃墟になりました

門をくぐり右手に協会があります。今日は日曜日、ミサに来た方々で、教会内は賑わっていました
2010_0613_185612-P1030591.jpg

教会を後にし中庭に出ました。高い外壁に取り囲まれています。各部屋から、中庭が望めます。中央に噴水があります。
 2010_0613_191300-P1030593.jpg 2010_0613_191252-P1030592.jpg

皆さんは宮殿の中を散策、私とYさんは階段が苦手、おとなしく?お土産ショップで待っておりました。


エジンバラ城で、購入したチケットと一緒に、スタンプを押せるパスポートがあります、リンリスゴー宮殿、スターリング城で、スタンプしてもらいました。しかし一番最初のエジンバラ城では、押してもらってません。知らなかったのです。残念

DSC00071.jpg

次に寄ったのがスターリング城
DSC00080.jpgポストカード

駐車スペースのところに、私の好きな色合いのタータンチェックのミニバンが止まっていました。アイスクリームを売っています。・・・今日はひえこむので、ちょっと・・ごめんなさい。
2010_0613_205246-P1030596.jpg


城門をくぐってすぐの壮麗な宮殿(Royal Palace)。修復中で、中には入れないのです。
2010_0613_214316-P1030600.jpg


王族や貴族達が大きな祝典のために集まった、スコットランド史上最大の壮麗な Great Hall (グレート ホール)。中の写真を撮り忘れました・・・・
2010_0613_214311-P1030599.jpg

その隣に、博物館があり、戦争の武器、衣装、勲章、ドッキとした、兵隊のマネキン人形などが狭い部屋に展示されていました。(Regimental Museum)。


専門の織工達が宮殿に飾るタペストリーを作製している tapestry studio (タペストリー スタジオ)
2010_0613_215316-P1030606.jpg

ユニコーンですね
2010_0613_215303-P1030605.jpg 2010_0613_214714-P1030602.jpg

                          王室礼拝堂)の中にはいり、すぐ目に付いたこちら、ママは仕事着?子供をあやすパパ、歴史と混合ですね。

スターリング城の詳細はこちらを、私の写真の説明文にお借りしました


こちらでランチをとりました。寒かったので、スープがのみたいなぁーと思っていたら、カリフラワーとかぼちゃのスープがありました。ラッキーと思っていたんのです。こちらのケーキが目に入り、なぜかスープをやめ、サンドイッチと紅茶と、コーヒーくるみケーキをオーダーしてしまいました。??

2010_0613_214121-P1030597.jpg
イギリス定番のコーヒーくるみケーキ、紅茶にあうケーキとして紹介されてます。本場の味を知ってから焼こうと思っていました。コーヒーのクリームしっかりしてます。子供には苦いかも、大人の味です。スポンジはしっとりです。おいしかったです。おいしいぞ~スコトランドのお菓子。。。

お買い物もちゃ~~として、最終地点のローモンド湖へむかいます。今回の旅で、一番楽しみにしているホテルです。
続きます・・・・・
[ 2010/07/01 00:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(4)

スコットランド紅茶の旅&アテネニャンコツアー・エジンバラ後半ー2  

アフタヌーンティーを満喫し、またまたお出かけです。すでに夜の9時近くでしょうか??まだまだ明るいです。
むかった先は、カールトンヒルです。前回いけなかった場所です。今回かないました。
遠くから見る景色は、ギリシャを思い出す風景、パルテノン神殿のようです。

 

DSC00107.jpg
上記2枚は12年前に撮った写真です

ホテルから5分ほどのところにありましたが、ヒル=丘 なわけで、登ります。坂、急な階段も、おばさんの私にはと~~てもきついです。ひざ、笑ってます。
なんとか一番後ろをについて、登った先には・・・広大に景色が・・・

2010_0613_040121-P1030577.jpg
ナポレオン戦争時の戦没者記念として建てられた、ナショナルモニュメント(アテネのパルテノン神殿をまねて作ったらしいが、 予算の関係で、途中で終わったとのこと・・残念)

2010_0613_035620-P1030575.jpg 2010_0613_040338-P1030578.jpg
周りの風景は  旧天文台               ネルソン記念碑


私たち2人は休み休みあちら・こちらと皆さんのもとへ、絶景をみのがしたら大変ですもの

2010_0613_035558-P1030573.jpg 


ヒル=丘からの風景は絶景でした
2010_0613_035922-P1030576.jpg 2010_0613_041104-P1030581.jpg
海が見えます。北海だそうです。英国女王様のエジンバラのホリルード宮殿(上から見させていただきます)

とても新鮮な気持ちになったカールトンヒル来れてよかったぁ~
さて今度は階段を降りて行くのです。また膝が、ゆっくりゆっくり・・・
途中、ネコちゃんに会いました。首輪してますね。私たちのことなんぞ知らんふりです。

2010_0613_042326-P1030582.jpg
しかし私たちがとおりすぎた時、じ~~と見ていたのを私は知ってます。なにかいいたげな表情でした。

ホテルに戻り、私は足が疲れたので、お風呂に入り、明日の出発のため、荷造り準備します。
2010_0613_180142-P1030590.jpg
バスタブのアヒルちゃん

同室のKさんは夜景を見に行きました。しょっぱいものが食べたくて、私は、Kさんにチーズバーガーを頼んでしまいました。戻ってきたKさんの話では、皆さんお疲れで、半分不参加のようです。

チーズバーガーをたべ、満足しつつおやすみなさい。zzzzzz
明日はエジンバラを出発します。明日へと続きます・・・

[ 2010/06/29 02:00 ] 紅茶の旅 | トラックバック(-) | CM(2)
プロフィール

 nao ホソ 

Author: nao ホソ 
猫とギリシャとイギリスが好き

最新トラックバック
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。